歯を失った時の治療

歯を失ってしまった方へ

歯を失ってしまった方へ

歯を失った場合の治療法として、インプラント・入れ歯・ブリッジと選択肢があります。どの治療にもメリット・デメリットがありますので、しっかりご説明して患者様にお選びいただき診療を開始します。 当院では、なるべく失ってしまった箇所だけを処置するほうが、残った歯への負担が少なく済むため、インプラントを推奨しています。

インプラント・義歯(デンチャー)・ブリッジの違い

インプラント 義歯(デンチャー) ブリッジ
メリット ・歯を失った部分のみの治療で済む
・自然の歯に近い見た目
・自然の歯と同様に手入れが可能
・短期で治療できる
・取り外して清掃、洗浄ができる
・短期間で治療できる
・自然の歯に近い仕上がりにすることも可能
・自然の歯とほぼ同様に手入れできる
デメリット ・手術が必要
・治療期間がやや長くなる
・治療費が高額になりやすい
・定期メンテナンスが必要
・周囲の健康な歯への負担が大きい
・金属バネの場合、見た目が気になりやすい
・口の中で異物感がある
・手入れが悪いと、周りの歯がむし歯や歯周病になりやすくなる
・健康な歯を削らなくてはならない
・歯を失った部分の骨がやせる
・手入れが悪いと、残った歯がむし歯や歯周病になりやすくなる

インプラント治療について

インプラント治療について

インプラント治療で大切にしているのは、リスクと患者様の負担をなるべく軽減することです。リスクを減らして確実な治療を行うため、当院では適切な時間をかけた段階的な処置を行っております。

一方で、過剰な処置によって、金銭的にも時間的にも患者様の負担が大きくならないよう、効率も重視しています。どうしてもお急ぎの場合や、審美面も考慮される場合は、その旨をご相談ください。

通常のインプラント治療の流れ

  • 1診察・検査、治療計画の決定

    失われた歯の場所や骨の硬さなどを検査し、適切な治療計画を立てます。

  • 2一次手術

    顎の骨にインプラントを埋め込みます。

  • 3治癒期間

    インプラントと骨がしっかり結合するまで、1ヶ月~数ヶ月待ちます。

  • 4二次手術

    歯ぐきを開いて、人工の歯を取り付ける準備をします。

  • 5人工歯の作成・装着

    型を取り、人工の歯を作ってインプラントに装着します。

  • 6メンテナンス

    インプラント治療を行った箇所は、定期的なメンテナンスが必要です。歯科医師の指示に従って検診を受けてください。

抜歯即時埋入インプラント

当院では、適応条件が整っている方の場合に限り、抜歯した当日にインプラントを埋入する「抜歯即時埋入法」を行うことがあります。

従来のインプラント治療は、抜歯後に約6ヶ月の治癒期間(傷口が治り、骨が安定するまでの期間)を経た後に、インプラントを埋入するものでした。そのため、「インプラント=治療期間が長い」という欠点がぬぐえませんでした。

抜歯即時埋入は、その欠点をなくし、患者様の負担を軽減するものです。抜歯手術時にレーザーを使って中を洗浄し、インプラントを埋め込むことで、治療期間が大幅に縮められ、時間的な負担や歯がないことでの精神的負担を軽減することが可能です。

多くの実績をもとに、慎重に検査をしながら進めていきますので、ご希望の方は是非一度ご相談ください。

抜歯即時埋入インプラントのメリット
  • 痛みや腫れが少ない
    切開をしないので痛みや腫れが少なく、患者様の負担が軽減されます。
  • 治癒期間の短縮
    手術の回数が1回で済み、抜歯直後の抜歯をした箇所の回復も早いです。抜歯と同時にインプラントの埋入を行うので、治癒期間を大幅に短縮することが可能です。
  • 手術当日から噛むことができる
    骨の状態にもよりますが、抜歯即時埋入はすぐに仮歯を入れることが可能なので、歯のない期間を過ごさずに済みます。また歯肉へのダメージも軽減できるので、審美的にも優れています。

再生療法(CGF・AFG)

当院のインプラント治療では、身体への負担を少なくしてより良い結果に導くために、通常のインプラント治療に加え、骨の再生療法を取り入れることを推奨しています。再生療法を行うことで、骨量不足でインプラントを埋入することができない患者様の骨や歯肉を再生することができます。

当院では、「CGF・AFG」という骨造成技術の再生療法を導入しています。CGF・AFGは、患者様から採取した血液に添加物(抗凝固剤や凝固促進剤など)を一切加えずに作製できる、完全自己血液由来のフィブリングゲルです。

  • CGF…サイトカインを多く含んだ自己血液フィブリングゲル
  • AFG…抗凝固剤が入っておらず、自然状態に最も近い血漿
当院では、インプラントなどの手術を行う前に、患者様から採血をさせていただきます。そして、患者様ご自身の血液を専用の遠心分離にかけ、ご自身由来の骨の再生を促す成長因子を抽出したものを、治療に使用しています。例えば、骨の不足しているインプラント周囲や、抜歯時に抜歯窩に入れるなどして使用しています。
CGF・AFG治療のメリット
  • 患者様ご自身の血液から生成するため、血液凝固剤などの添加物を一切含んでおらず、感染を防止することができます。
  • 手術後の痛みの緩和や腫れを軽減させる効果が期待できます。
  • 成長因子により、骨の少ない所に使用するとその再生が早くなります。また、通常よりも多くの骨を造成することが可能です。

当院では、多くの患者様が再生療法を治療に組み込まれています。ただし、希望されない方へ無理に行うことはありません。丁寧にご説明し、ご納得いただいた上で進めてまいります。

※大宮院と上板橋院は、厚生労働省の定める「再生医療等提供機関」に登録されています。

CGF
遠心分離機
採取したCGF

当院で扱うインプラント

どのインプラントを使用するのが良いかは、患者様の症状により異なります。そのため、当院では多くの種類のインプラントを取り扱っており、適応症例に合わせて使用するものをご提案しています。すべての種類を実際に試した実績の上でご提案しますので、疑問点がある場合は遠慮なくお申し出ください。

各メーカーのパーツを取り寄せることも可能です。他院でインプラント治療をされた後のメンテナンスでお困りの方も、お気軽にご相談ください。

義歯(デンチャー)

義歯(デンチャー)

保険診療のものから「噛める義歯」まで、各種ご用意しております。部分入れ歯も総入れ歯も、なるべく残っている歯に負担が少ないものを作ることが可能です。

状況やご要望に応じて適切な種類をご提案しますので、お気軽にご相談ください。

GDSデンチャー

通常のものと比べて摩耗しにくく、強くて長持ちするよう設計された、「りんごも噛める」といわれている高度なデンチャー(入れ歯)です。

精密重合という方法で圧力をかけて作られるため、気泡が入りにくく、臭いの発生も軽減されます。GDSデンチャーは審美性にも優れており、それぞれの人に合わせて歯や歯肉の色を選ぶことが可能です。

ビューティーデンチャー

従来の入れ歯で使用されている金属バネの代わりに、歯肉色の素材が使用されています。

入れ歯が目立ちにくいだけでなく、従来の入れ歯よりも薄くて軽いので、違和感も軽減されます。口の中が広くなり、会話もスムーズにできます。また、歯ぐきから包み込む形状になっているので、食べ物が詰まりにくく、入れ歯がぴったり安定します。

従来の入れ歯
従来の入れ歯
ビューティーデンチャー

ビューティーデンチャー

その他のデンチャー

  • 上顎の金属床入れ歯
  • テレスコープアタッチメント入れ歯
  • 磁石で入れ歯の脱落を防ぐ磁性アタッチメント など

保険診療の素材でも、多くの症例に対応するような仕組みになっています。ただし、良い素材を望まれる場合は、自費診療の選択も視野に入れていただく必要があります。見た目や快適性、耐久性を重視するのであれば、保険の域を超えてしまうことがあります。

また、保険外であれば何でも対応できるわけでもありません。当院では、それぞれの患者様の症状に合わせてあらゆる選択肢をご提案し、よく相談した上で治療方針を決めていきます。詳しくは、一度お問い合わせください。

上顎の金属床入れ歯

上顎の金属床入れ歯

テレスコープアタッチメント入れ歯

テレスコープアタッチメント入れ歯

磁性アタッチメント

磁性アタッチメント

ブリッジ

ブリッジ
ブリッジは、歯がなくなってしまった部分に、隣接する歯を使って橋をかけるように人工歯を補う治療法です。適応できるかは条件により異なりますので、診察した上で慎重に進めていきます。

料金表

インプラント

※表示料金はすべて税抜き価格です。別途消費税がかかります。

診断料 ¥30,000~
手術費 ¥210,000~
上部構造 ¥100,000~
骨造成術(CGF・AFG) ¥50,000~
  • KAMI-ITABASHI 上板橋院 03-5921-2190
  • NOGATA 野方院 03-3330-1543
  • OMIYA 大宮院 0120-617-018
  • SHINOZAKI 篠崎院 03-5664-3725
pagetop